文部科学省 科学研究費補助金

田中正人

細胞死を起点とする生体制御ネットワークの解明

face_ma_tanaka

研究代表者 田中正人 (東京薬科大学 生命科学部)

http://toyaku-ls-immune.com/

生体内で細胞死が起こると、その死骸はマクロファージ等の食細胞により速やかに認識され貪食される。これまで食細胞による死細胞貪食は、単に死骸を生体内から取り除くためのものと考えられてきた。しかし近年になって、死細胞を貪食した食細胞は、単にこれを分解するだけでなく、取り込んだ死細胞の性質に応じて、様々な免疫応答や炎症を誘導することが明らかになりつつある。我々はこれまでに、死細胞貪食に伴うがん免疫活性化モデルや組織傷害モデルにおいて、CD169陽性マクロファージがその病理に重要な役割を担っていることをつきとめた。このマクロファージは各器官において他の組織や外界との境界領域に局在し、死細胞貪食を行うと共に細胞死の様式に応じた免疫応答を誘導すると考えられる。このような背景のもと本研究では、様々な死細胞が発信するシグナルによるCD169マクロファージの機能調節機構とそれに伴う免疫制御機構の解明を目指す。

 

1. Karasawa K, Asano K, Moriyama S, Ushiki M, Monya M, Iida M, Kuboki E, Yagita H, Uchida K, Nitta K, Tanaka M.
Vascular-resident CD169-positive Monocytes and Macrophages Control Neutrophil Accumulation in the Kidney with Ischemia-reperfusion Injury.
J. Am. Soc. Nephrol. in press

2. Asano K, Nabeyama A, Miyake Y, Qiu CH, Kurita A, Tomura M, Kanagawa O, Fujii S, Tanaka M.
CD169-Positive Macrophages Dominate Antitumor Immunity by Crosspresenting Dead Cell-Associated Antigens.
Immunity 34: 85-95. 2011
3. Nabeyama A, Kurita A, Asano K, Miyake Y, Yasuda T, Miura I, Nishitai G, Arakawa S, Shimizu S, Wakana S, Yoshida H, Tanaka M.
xCT deficiency accelerates chemically induced tumorigenesis.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 107: 6436-41. 2010
4. Miyake Y, Asano K, Kaise H, Uemura M, Nakayama M, Tanaka M.
Critical role of macrophages in the marginal zone in the suppression of immune responses to apoptotic cell-associated antigens.
J. Clin. Invest. 117: 2268-78. 2007
5. Asano K, Miwa M, Miwa K, Hanayama R, Nagase H, Nagata S, Tanaka M.
Masking of phosphatidylserine inhibits apoptotic cell engulfment and induces autoantibody production in mice.
J. Exp. Med. 200: 459-67. 2004